その他

ハグナビサポーターレポート

あなたの子育てを応援したいと思っている人がいますよ
出産・育児 子育て

サポーター:育児ひろばアプリコット

2021年03月19日掲載

大変なことも多い子育て期。
「ひとりで抱え込まずに周りの人を頼って」と言われることもあるかと思います。

私自身は子育てで人に頼る事があまり得意ではありませんでした。
当時はつどいの広場も無く、子育て支援センターは保健センター同様に特別な相談がある人が行くところだと思い、利用しませんでした。

子どもが3歳になり、保育園に入園すると、先生や他のお母さん達にたくさん支えられ、親子ともに成長させてもらいました。

特にママ友からの愛あるおせっかいにはとても助けられました。

それぞれに忙しく、家庭の事情を抱えながらもお互いに「元気?どうしてる?何か手伝おうか?お喋りしよ!」と声を掛け合って乗り越えた保育園時代。
子育ては自分の家庭内の仕事と思い込んでいましたが、子どもの事話してもいいんだと気付く事ができました。

子どもが成人した現在、グズるお子さんを一生懸命あやしておられるママパパをお見かけすると、思わずお手伝いしたいという気持ちがわいてきます。
知らない人に突然声をかけられた相手の方が驚いてしまわれてはいけないので、よほどの状況でない限り、心の中でせっせと応援しています。

子育て中のママパパも、知らない人に大事なお子さんの事を相談したり預けたりは出来ませんよね。

「子育て支援」と名前がついた施設や子どもに関わる先生(園、学校、病院など)には守秘義務があるので安心して相談できると思います。

「子育ての事を人に話す事に慣れる」って実は大事な子育てスキルの1つなのではないかと思います。

小、中、高校と進学するにつれて、担任の先生と子どもの事を話す内容は深くなるのに、かけられる時間は短くなります。

子育て相談を受け付けている施設では、「子育ての事、どんな事でも安心して話してね」と待っていてくれる職員さんがいますよ。

お近くの子育て支援施設を利用した際にはちょっと勇気を出して「聞いてもらえますか?」と声をかけてみてはいかがでしょうか?

ハグナビしがへようこそ!

ハグナビしがは結婚から妊娠・出産、子育てまでの情報を集約したポータルサイトです。

ハグナビしが・子育て応援団
ログインはこちら

ハグナビしがご利用ガイド

淡海子育て応援団とは

ハグナビしが・子育て応援カード会員の方

ログインID(メールアドレス)

パスワード

新規登録

はじめての方はご利用ガイドをご覧ください

CLOSE

県内の教育・保育施設をさがす

滋賀県広域災害・救急医療情報システム

淡海子育て応援団

あいはぐパスポート

結婚・妊娠・出産・子育て 国と滋賀県がサポートします。「子ども」に関する制度

お悩み相談窓口